大和市民活動センター

  1. HOME
  2. ストック
  3. 第4回やまと国際交流フェスティバル

大和市市制50周年記念事業

第4回やまと国際交流フェスティバル

The 4th Yamato International Festival

 

 

Information
   日 時:2009年3月22日(日)10:30〜15:30
   会 場:大和駅東側プロムナード
   テーマ:やまとで和・輪・わーい
  ねらい:音、食、人を通じて日本人と外国人が「やまと」で共に暮らしていることを感じる。
  主 催:第4回やまと国際交流フェスティバル実行委員会
       財団法人大和市国際化協会
   
今回、この「フェスティバル」に大和市民活動センターは初めて参加しました。
  「センター」の存在をわかりやすく、大和市に在住する外国籍の方々に伝える文章を考えアピール。
   市民活動団体の協力と柏木学園高等学校の全面的な応援を得て、フェスティバルを「センター」として
   盛り上げました。
   今回は「竹ぽっくり」や「布ぞうり」で、日本の古来から伝わる子どものあそびや「ぞうり」をつくるなど
   外国籍の方々に“日本”を表現し、伝えることにしました。
  


「センター」出展にご協力くださった市民活動団体・個人のみなさん
   エコ布ぞうり 鈴木澄子さん他のみなさん
   竹ぽっくりづくりのため久田緑地から竹の提供、製作は間瀬さん
   折り紙サークル
   柏木学園高等学校・短歌書道部/チュー劇団
   大和地区日中友好協会
  逗子災害ボランティアネットワーク ボランティアコーディーネーター 樋口由美子さん
みなさん、ありがとうございました。                  
   

▲このページの一番上へ

 

 

国際交流フェスティバルの様子を写真でご紹介します
材料運搬   テント設営

強風のなか、「センター」ブース設営の材料を運ぶ。椅子、ブルーシート、座布団、展示用道具など。

  雨と風対策。すべての展示が風で飛ばされないようしっかり固定。
竹ぽっくりづくり   エコ布ぞうりづくり
竹ぽっくり用の竹に、ネズミ錐で穴をあける。竹は市内の久田緑地から寄贈された竹。   着古した衣料品を割いて、エコ布ぞうり用の材料をつくる。
「エスニック・ねっと」の配布   竹ぽっくりであそぶ
出来たての「エスニック・ねっと」4号を今日のフェスティバルで配りました。   ペルーの方がぜひ試みたいと竹ぽっくりに挑戦。
モンゴルのクッキー配り   エコ布ぞうりを子どもに教える
会場でモンゴルのクッキーを配る柏木学園高校生。   エコ布ぞうりづくりを「私もやってみたい」と言う子どもに教える。
高校生、竹ぽっくりに乗りました   こどもたち、竹ぽっくりに乗りました
竹ぽっくりをはいて同じ背の高さになったよ。   こんなの初めて。
民族衣装ファッションショー   着物姿で詩吟を歌う高校生
ステージでは民族衣装ファッションショー。日本からは羽織、はかまで登場。モデルは柏木学園高校の生徒。   着物姿で詩吟を歌う、柏木学園高校生。
詩吟の披露   ペルーの踊り
柏木学園高校短歌書道部の生徒が詩吟を披露。(左)は師匠の菱科國峰先生。   民族衣装を着てペルーの躍り。グループAsi es Mi Tierraのみなさん。
チュー劇団    
「センター」ブース前で「一匹チュー」を演じる柏木学園高校生の「チュー劇団」。今日がデビュー。    

▲このページの一番上へ