大和市民活動センター

  1. HOME
  2. このゆびとまれっ!
  3. 夏休み中高生ボランティア体験「このゆびとまれっ!」2015

 

夏休みにボランティアをやってみたい中高生このゆびとまれっ!2015

 

 

 

大和市では、夏休み期間中の中学生・高校生を対象に、ボランティア体験事業を各施設が実施しています。
市民活動センターでもプログラムを用意し、中学生・高校生のボランティア体験を応援します。

イメージ
大和市民活動センターのプログラム

 

 

オリエンテーション
この夏の「このゆびとまれっ!」に参加したい中学生・高校生が集まりました。ボランティアの内容についての説明を聞いた後、興味のある団体のブースへ行き、団体代表者に質問をしたり、直接お話を聞く方式で行われました。

ボランティア受入れ団体:
NPO法人サポートハウス ワン・ピース
引地川水とみどりの会
NPO法人WE21ジャパン大和
チーム ピース チャレンジャー
特定非営利活動法人地域家族しんちゃんハウス  
サウンドテーブルテニスクラブ
大和市芸術文化振興会
デイサービス ハッピー鶴間(合同会社 介護のハッピー)
第1回
日 時:7月24日(金)
場 所:大和市民活動センター
参 加:中学生・高校生 25名
受け入れ団体の参加:NPO法人WE21ジャパン大和、チーム ピース チャレンジャー、デイサービス ハッピー鶴間、引地川水とみどりの会
第2回
日 時:7月27日(月)
場 所:大和市民活動センター
参 加:中学生・高校生 24名
受入れ団体の参加:NPO法人地域家族しんちゃんハウス、引地川水とみどりの会


イメージ イメージ イメージ イメージ










子育て支援サポーター
NPO法人地域家族しんちゃんハウスの活動に参加し、体育館で子どもと遊ぶ
 
  日 時:8月3日(月)   中学生1名、高校生1名
      8月10日(月)  
      8月17日(月)   高校生1名
      8月24日(月)

   場 所:NPO法人地域家族しんちゃんハウス、南林間小学校体育館

(受入れ団体より 感想&メッセージ)
「はい」という返事はどのような場面でしますか? わからないことを解決しないまま「はい」と答えていませんか? 「1時に来てください」「はい」「来られない時は電話をしてください」「はい」。事前にこの様なやりとりをしたはずなのに、時間通りに来ない。連絡無く無断でキャンセル。今年はこのような子が何人もいてとても残念に思いました。『約束は責任をもつ』『できない約束は最初からしない』。なにも難しいことではありません。注意を受けたことが分からないまま「すみませんでした」と、とりあえず謝って済ませていませんか? あなたの無責任な返事は、誰かを困らせ、傷つけることがあるのです。自分の言葉で、自分の考えをきちんと伝えられる人になってほしいと思います。
NPO法人地域家族しんちゃんハウス 松井さん












 

環境保全サポーター
「引地川水とみどりの会」のみなさんといっしょに、引地川の掃除をしました。
        
日 時:7月25日(土)8:00〜14:00  高校生1名
    8月30日(土)8:00〜14:00  中学生・高校生14名
場 所:引地川
内 容:引地川の清掃
 
(受入れ団体より 感想&メッセージ)
7月の体験清掃は気温33度と大変暑くなりましたが、参加された生徒さんが川に落ちているゴミを手際よく回収。予定通り終えることが出来ました。8月はあいにくのお天気でしたが、また都合の良い時に協力してくださいね! ?
事務局長 五味尚生さん
イメージ イメージ イメージ イメージ














 



リサイクル品販売のお手伝い ― 国際交流サポーター
NPO法人WE21ジャパン大和」のみなさんと提供品の整理や接客などを行いながら、アジア支援活動についても学びました。
        
日 時:8月
場 所:WEショップやまと (桜ケ丘駅前 収益金の一部をアジアの女性の自立のために役立てています)
 
(受入れ団体より 感想&メッセージ)
アメリカ・フィリピン・日本と出身が異なる3名にお願いでき、国際色豊かな出会いにとても楽しい体験をさせていただきました。彼らの成長を、もう少し見ていきたいと感じています。
代表 越後屋さん



 





ミサンガの袋詰め ― 国際交流サポーター
チームピースチャレンジャー」のみなさんと一緒にインドの子どもたちが作ったミサンガを袋に詰めました。        
日 時:8月25日(火)
場 所:大和市民活動センター
参 加: 中学生・高校生 9名、一般ボランティア 1名、相模原女子大学インターン生 2名
(受入れ団体より 感想&メッセージ)
スライドで、貧困で食べられない子どもたちがいること、ようやく学校に行け、勉強出来ることに感謝して真剣に勉強する姿に接し、さらにミサンガの袋詰めの共同作業をすることで、より深く自分を見つめることが出来たのではないかと思います。最後に、現地の子どもたちへのメッセージを書いていただき、一人一人が真剣に書いている姿に、学生ボランティアの意義を感じました。
代表 蔵田えり さん
イメージ イメージ イメージ イメージ








子育て支援サポーター
ワン・ピース」の子どもたちとゲームをしたり音楽に合わせて踊ったりします。
        
場 所:NPO法人サポートハウス ワン・ピース
日 時:8月4日(火) 中学生2名
     8月26日(水)  

(受入れ団体より 感想&メッセージ)
中高生になると、障害のある同級生との関わりが少なくなります。ボランティアを通じ、気持ちを上手に表現できない子・話したくても言葉が出ない子・動きがスムーズにできない子など、たくさんの困っている子どもがいることに気付いてもらえたら嬉しいです。
代表 滝本さん
イメージ イメージ イメージ イメージ













視覚障害者と卓球をする―サウンドテーブルテニス
視覚障害者の卓球です。 球の中に鈴が入っています。
  
日 時:8月10日(月) 
場 所:大和市保健福祉センター
参 加: 中学生5名、高校生4名

(受入れ団体より 感想&メッセージ)
若いエネルギーをたくさんいただき、楽しい一日でした。障害者スポーツを体験して理解を深められ、今後の学生生活や社会において福祉の勉強をされることを望みます
橋ミヤさんより
イメージ イメージ イメージ イメージ












芸術・文化支援サポーター
大和市芸術文化振興会」の開催するイベントの会場受付・準備・楽器の持運び・後片付けなどの手伝い。
        
日 時:8月25日(火)
場 所: ウィーンホール
参 加:中学生・高校生 8名、相模原女子大学インターン生 2名
  
     
(受入れ団体より 感想&メッセージ)
会場のセッテング、受付などを始めベビーカーの誘導など大活躍をしていただきました。特に開演中、泣いている乳児を優しくあやしてあげたりし、おむつ替え場への案内など、親子が安心して楽しめる環境づくりに力を注いでくださいました。多くのお母さんから感謝のお言葉をいただきました。
代表 小林三夫さん

 

 

   
   






高齢者支援サポーター
デイサービス ハッピー鶴間(合同会社 介護のハッピー)」で高齢者の話し相手、ゲームの相手をする。
日 時:7月・8月
場 所: デイサービス ハッピー鶴間
 
(受入れ団体より 感想&メッセージ)

年齢の差や初対面という難しい条件にもかかわらず、積極的に会話やレクレーションに参加し、学生らしいさわやかな雰囲気を届けていただきました。
代表 石井直樹

イメージ      
   
   

 



 

 

▲このページの一番上へ