大和市民活動センター

  1. HOME
  2. 最新情報
  3. 共育セミナー
  4. 第28回共育セミナー

★第28回共育セミナー

「平和の種をまきたい」

2010年2月13日(土)14:00〜17:00に行われた連続共育セミナーの内容(概要)をお伝えします。

 

お話は阿部ひそかさん(ありがとうの和の輪

内容

同じ悲劇が繰り返されることのないようにと、広島の原爆の火が60年もの間保管されている。その火をすべてが始まった原点に戻し、消し去ることで輪を閉じ、永遠に眠らせるための祈りの行脚の記録―映画「GATE」。試写会に21名が参加し、平和について語り合いました。


<感想の一部です>


・感動しました。私を含めてですが、戦争を知らない子どもたち(小学生や中学生などの)が学校とかで観る時間があればいいなと思います。核のない平和な世の中にしていかなければならない。原爆のことなどは語り続け、忘れてはいけないことなんだ、と思いました。  

 

・住職の〇(マル)の書が全てを物語っていると思った。平和のためにこれをしなくてはいけない、ではなく、一人一人が“平和”とは何かを想い、考え、自分のできる“最高”の表現をしていく必要がある。それは強要ではなく、気がついた人からやっていけばいいのだ、と思います。

 

・100個もあれば、地球を死の星にしてしまう核の恐ろしさと、一人の人間としての想い、行動が国境を越えて共鳴していく素晴らしさに希望を感じました。この映画を観てどう行動していくか、考えてみたいと思います。

 

・行脚するこの行動は講義ではない、祈りなんだ。一歩一歩が祈りだ。ほんとうに共感しました。怒りや復讐には終わりがない。一人一人の心の平和が世界平和につながる。ただ静かに祈る姿勢に[GATE]が開かれたのだと納得しました。

 

第28回共育セミナー

 

▲このページの一番上へ