大和市民活動センター

  1. HOME
  2. 最新情報
  3. 共育セミナー
  4. 第36回連続共育セミナー

★第36回連続共育セミナー

知れば知るほど おもしろい大和市 PART-6
「おいしい大和を知りたい 」

2010年12月18日(月)18:00〜20:00に行われた連続共育セミナーの内容(概要)をお伝えします。

 

内容

昨年に引き続き大和市の推奨品と参加者が持ち寄ったおいしいものを囲んで談笑の輪が広がりました。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 

 

 

登録団体の南輪乃声「元気会」は大和市南林間の飲食店経営者を中心にした団体で、週に一度の駅周辺の清掃や地産地消をテーマにした名物の開発など、地域に密着した活動を通して街の活性化を図ろうと活動しています。この日は大和市で唯一の酪農家である高下さんの家の、絞りたての牛乳を使ったデザート「南林間白プリン」をお披露目しました。

 

南輪乃声「元気会」代表の菊地さんは、昨年(2010年)第34回大和市民まつりで行われた「大和B級グルメ王座決定戦 Y-1グランプリ」で1位に輝いた「大和やわらかホルモン炒め」を出品した「炭火・七輪 ホルモン焼き 珍満」の菊地さんです。「大和やわらかホルモン炒め」はその後、テレビ東京「関東近郊クチコミB級グルメ BEST30」で2位に選ばれる快挙を成し遂げました。

 

「大和やわらかホルモン炒め」はY-1グランプリ実行委員会により2010年度大和ご当地グルメに認定され、新たに立ち上げられた「大和グルメ特捜部ホルモン班」へノウハウが伝授され、班員は自分の店で「大和やわらかホルモン」を工夫して提供することで、飲食店からホルモンの力で大和市を活性化させようという動きにもつながりました。

 

「大和B級グルメ王座決定戦 Y-1グランプリ」は社団法人大和青年会議所の企画から始まりました。何から始めればいいのかわからない…というところから出発し、大和市との会議を重ね、参加店舗集め他さまざまな苦労を乗り越え、第34回大和市民まつり(5月15日)では大盛況だったそうです。昨年12月7日放送のFMやまと「大和市民活動センターだより やまとっこ☆みつけた(第118回)」では、大和青年会議所のみなさんがY-1グランプリについて語ってくださいましたが、その中にこんなエピソードがありました。「Y-1グランプリの宣伝用の写真が出たときに、関内で修行していた頃のお客さんが『見たよ、(当時の)面影があった』と言って僕のお店を訪ねてくださり、20年振りで本当に嬉しく、こんなこともあるのだと感動しました(宇山さん)」。

 

誰かが始めた1つのアクションはそれだけでは終わらず、過去や未来の人との輪を広げ、また次のことに繋がっていくようです。また、今回参加者が大和市のおいしいものを持ち寄りましたが、おいしいものはみんな好き、おいしいものは人を笑顔にする、話題が広がる、輪が広がる、市内においしいものがあるって嬉しいと、食べものの持つ力を実感する日となりました。

 

最後に、11月11日(木)には、子どもたちにご当地料理を伝えようと市などが企画し、「大和やわらかホルモン炒め」をアレンジした料理を大和市立若葉保育園でを園児たちに食べてもらう試みも行われたそうです。(カナロコより) まだまだ輪は広がっています。

 

広報紙「あの手この手」第43号に、当日のおすすめ品が載っています。(PDF)

 

 

 

▲このページの一番上へ