大和市民活動センター

  1. HOME
  2. 最新情報
  3. 共育セミナー
  4. 第39回連続共育セミナー

★第39回連続共育セミナー

「市民活動でIT支援」
  〜マイクロソフトIT講座・フォローアップ〜

 

2011年3月29日(火)18:00〜20:00に行われた連続共育セミナーの内容(概要)をお伝えします。

 

 

 

お話:市川晋さん(大和市役所 市民活動課 市民活動支援担当)
     望月則男さん(拠点やまと)

 

内容

昨年( 2010 年)、神奈川県とマイクロソフト鰍ェ、 IT 導入による市民活動団体の運営基盤の強化と、セミナーで学んだことを広く伝えていける人材の育成を目的として、「 NPO パワーアップセミナー〜 IT は運営に役立つサプリメント〜」を協働で開催し、県内の中間支援組織も共催という形で関わりました。今回は、このセミナーを受講した 2 人が模擬講師となり、パワーポイントを使ってフォローアップ講座を行いました。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 

「 NPO パワーアップセミナー〜 IT は運営に役立つサプリメント〜」の内容

1  PR 文書の作り方
2  会議運営ノウハウ
3  オンラインサービスの活用
4  イベント運営
5  アンケート活用
6  プレゼンテーション

 

(はじめに)

IT とは「 Information Technology 」を略したもので「情報技術」のことです。コンピューターやデータの通信技術の総称であり、最近では ICT ( Information Communication Technology )という言い方もあります。

 

1 ( PR 文書の作り方)

文書作成に IT を使う利点として、修正が簡単にできること、文字のサイズやスタイルなどの様式が簡単に変更できることがあります。また、例えばチラシでは基本となるものを 1 枚作ってデータを残しておけば、内容を差し替えることで誰でも一定のレベルのものが作れます。

 

○イベントちらしのポイント

・情報の整理(何をチラシに載せるか整理する)
・表面・裏面の使い分け(表面は興味を引くように。裏面は興味を持った人向けに)
・改善点はすぐ修正(修正を重ねていく)
・フォント、サイズをそろえて美しく
・いつ、誰に対して情報を送るのかを考える(子ども向け?高齢者向け?)

 

○ニュースレターのポイント

・継続することが大切(協力を得るためにも活動の内容や実績を知ってもらう)
・ニュースをつくる=情報収集は普段から(普段の何気ないことでもニュースにする視点を持つ)
・プレスリリースのポイント
・想いを入れすぎず、客観的に
・一目で分かるような明確な記事を
・自分たちの活動を知ってもらうためのもの

 

○報告書のポイント

・データの視覚化(見やすい報告書のポイントは「視覚化」)
・見やすい報告書を迅速に作る(期限内に提出することで信用につながる)

 

2 (会議運営ノウハウ)

会議運営に IT を使うことの利点として

  ・会議の場に行く必要がなくなる(チャットや電子会議を利用)
  ・情報共有がしやすい(メールで議事録を送信するなど)
  ・会議の無駄な時間を省くことができる(電子会議で話のポイントをまとめておくと、顔を合わせての会議の時の時間の短縮につながる)
  ・皆が参加できる

 

3 (オンラインサービスの利用)

オンラインツールを活用して情報発信と情報共有を図れます。 SNS (ソーシャルネットワーキングサービス)を利用することで、団体同士の連携が取りやすくなり、集まらなくても話し合いができる、また、役割分担をして共同作業の効率化が図れるなどの利点があります。

 

4 (イベント運営)

IT を使うことの利点

・情報の共有化が行いやすい
・工程表や準備品、チェックリスト、マニュアルなどの作成、修正が効率的にできる

 

5 (アンケート活用)

IT を使うことの利点

・アンケートの作成、集計が容易にできる
・集計結果をグラフにすることで見やすくなる

 

6 (プレゼンテーション)

IT を使うことの利点

・準備、情報整理がしやすい
・効果的な見せ方ができる(例えばパワーポイントを使うことで視覚に訴えるプレゼンテーションができる。アニメーションの技法を取り入れることもできる)

 

 

(おすすめ情報)

○「 SkyDrive 」

マイクロソフトが提供するオンラインストレージサービスです。 25GB まで無料で使えます。 ファイルをアップロードし、団体のメンバー間でオンライン上で情報を共有することができます。ファイルは公開する範囲を「一般に公開」「指定した仲間のみ」「自分のみ」など指定することができます。 1 ファイルにつき 50MB までアップロードできます。

※大和市民活動センター登録団体のみなさまには、センタースタッフが使い方をお教えいたします。ご希望の方はご連絡ください。


 

 イメージ

 

▲このページの一番上へ