大和市民活動センター


  1. HOME
  2. お役立ち情報
  3. 助成金・補助金情報

お役立ち情報

助成金・補助金情報、その他の情報

※下記の内容につきましては、各主催までお問い合せください。このページのリンク先は外部サイトになります。


  • 2022年度第11回「ソーシャル・ジャスティス基金助成」 
    市民の力で希望ある未来をつくりだす、その一歩を応援します。公正な社会を実現する主役は、みなさんです。SJFは、多様な人びとの想いが受けとめられエンパワーされる社会を希求し、見逃されがちだが大切な問題に取り組むアドボカシー活動、とくに周縁化されたり封印されたりしている声をすくい上げて社会の仕組みや法制度づくりに生かすアドボカシー活動を支援しています。SJFの支援事業は、資金助成と社会対話の場づくりを両輪として伴走しています。
    期間:9月7日(水)〜9月27日(火)全てオンライン提出
  • https://socialjustice.jp/p/2022fund/
    (NPO法人まちぽっと)

  • 2022年度男女共同参画・少子化関連顕彰事業
    この顕彰は、男女共同参画社会の推進及び少子化対策がわが国の健全なる発展において極めて重要な礎になるとの認識に鑑み、若手研究者等の研究・活動の一層の推進を目指すことを旨とします。
    期間:〜9月30日(金)必着
  • https://hodogaya-foundation.or.jp/equality/req/
    (公益社団法人程ヶ谷基金)

  • 大鵬スマイルサポート
    大鵬薬品はこの活動を通じて、がん領域の課題解決に取り組む団体・個人の夢を応援し、団体・個人、そしてクラウドファンディングを支援する皆さまとのパートナーシップのもと、がん患者さんとご家族の大切な「いつも」の生活が「いつまでも」続く世界を目指します。
    期間:〜9月30日(金)
  • https://www.taiho.co.jp/csr/donate/
    (大鵬薬品工業株式会社)

  • お金をまわそう基金助成
    お金をまわそう基金の助成事業は、NPO法人などが実施する公益事業の活動費への助成です。
    助成といっても、あらかじめ決まった財源から助成をするのではなく、助成先団体として選考後に、支援者へ寄付を募り、寄付されたものすべてを助成金として助成先団体へお渡ししています。
    期間:〜9月30日(金)当日提出分まで受付
  • https://okane-kikin.org/information/5597
    (公益財団法人お金をまわそう基金)

  • 2022年度医療貢献活動助成
    国内における疾病・医療に関する普及啓発活動、開発途上国における医療・保健の水準向上を目的とした活動を行う非営利法人に対する助成
    期間:〜9月30日(金)
  • https://www.terumozaidan.or.jp/support/medicine_domestic.html
    (公益財団法人テルモ生命科学振興財団)

  • ●令和4年度ALSOKありがとう運動財団の活動助成金
    ALSOK(本社:東京都港区、社長:栢木伊久二)が設立した「公益財団法人ALSOKありがとう運動財団」は、
    財団の主たる事業である社会支援事業の一環として、社会福祉法人等への「活動助成金」の寄贈を今年度も公募に
    よりおこないます。
  • ●令和4年度ALSOKありがとう運動財団の「福祉車両」寄贈
  • 財団の主たる事業である社会支援事業の一環として、社会福祉法人等への「福祉車両」の寄贈を今年度も公募に
    よりおこないます。
    期間:〜9月30日(金)
  • http://www.alsok-arigato-foundation.alsok.co.jp/kobo.html
    (公益財団法人ALSOKありがとう運動財団)

  • KHM基金(第1回)助成
  • 在日インドネシア人及び在日ベトナム人労働者に対する様々な支援を行う非営利団体(法人設立1年以上)を対象に助成を行う。
    期間:〜9月30日(金)
  • https://kosuikyo.com/%e5%8a%a9%e6%88%90%e9%87%91-2
    (公益財団法人公益推進協会)

  • 水の里の旅コンテスト2022
    国土交通省では、本日より「水の里の旅コンテスト2022」の募集を開始します。
    本コンテストは、水の里*の観光資源を活用した旅の企画を募集し、優れたものを表彰することで、水の里の大切さと魅力を伝え、地域の活性化を推進することを目的に、平成22(2010)年度より開催しています。*「水の里」とは、全国の水源地域や水文化の保全等に取り組む地域等を言います。
    期間:〜9月30日(金)必着
  • https://www.mlit.go.jp/report/press/water03_hh_000062.html
    (国土交通省)

  • チャリティプレート助成金
    期間:〜9月30日(金)必着
  • http://www.jcpa.net/jcpa/?page_id=13
    (特定非営利活動法人日本チャリティプレート協会)

  • 2023年度募集
  • 募集概要
    TOYO TIRE グループ環境保護基金は、環境保護活動を行う非営利団体を資金面で支援することを目的として1992年に設置され、これまで延べ953団体に対し、累計6億2,000万円(2022年6月末現在)の助成を行ってきました。
    本基金は TOYO TIRE グループ従業員有志からの寄付金に会社が同額を上乗せして拠出するマッチングギフト方式を採っています。
    期間:〜9月30日(金)当日消印有効
  • https://www.philanthropy.or.jp/toyotires/
    (公益社団法人日本フィランソロピー協会)

  • 2023年度日本万国博覧会記念基金(EXPO'70 FUND)
    2023年度の助成については、国際相互理解の促進に資する活動のうち「国際文化交流、国際親善に寄与する活動」と「教育、学術に関する国際的な活動」について、助成金額2000万円を上限とする複数年度助成事業と300万円を上限とする単年度助成事業を募集します。
    期間:9月1日(木)〜9月30日(金)当日消印有効
  • https://www.osaka21.or.jp/jecfund/information/
    (公益財団法人関西・大阪21世紀協会)

  • 地域に密着した多様な生活支援活動を応援する助成事業
    1.配分対象団体
  • こども食堂、学習支援、フードパントリー等、地域において子どもや家族、生活に困窮する方々等に対する支援活動を実施している民間非営利団体で、法人格の有無は問いません。 ※営利を目的とする企業、団体は対象外です。
  • 2.配分対象事業
  • 長期化するコロナ禍において、生活課題を抱える子どもや家族、生活に困窮する方々、外国にルーツのある方々等を支援する活動で、その目的に対しての活動の緊急性が認められるものであり、その活動に伴う経費の必要性が認められるもの。(団体の通常活動は対象となりません)
  • 3.配分対象経費
  • 食材や弁当容器等の消耗品を購入した費用、食品やお弁当の配送経費など※人件費、運営費、公費が充当される費用などは対象となりません
    期間:〜9月30日(金)
  • http://www.akaihane-kanagawa.or.jp/whatsnew/249.html
    (社会福祉法人神奈川県共同募金会)
  • 住まい環境整備モデル事業"人生100年時代を支える住まい環境整備モデル事業"
  • 「住まい環境整備モデル事業 (人生 100 年時代を支える住まい環境整備モデル事業)」では、ライフステージに応じて変化する居住ニーズに対応して、高齢者、障害者、子育て世帯など誰もが安心して暮らせる住環境の整備を促進するため、これらに資する先導的な事業を公募し、事業の実施に要する費用の一部を補助します。
    第2回応募締切:9月30日(金)
  • http://100nen-sw.jp/application/index.html
    (国土交通省)

  • 公園・夢プラン大賞 2022
    この顕彰は、男女共同参画社会の推進及び少子化対策がわが国の健全なる発展において極めて重要な礎になるとの認識に鑑み、若手研究者等の研究・活動の一層の推進を目指すことを旨とします。
    ●実現したい部門
    公園で行われ、皆さんの「夢の実現」となった、素敵なイベントや活動を募集します。
    ●公園で「やってみたい」「できたらいいな」という楽しいイベントや活動のアイデアを募集します。
    期間:4月22日(金)〜9月30日(金)必着
  • https://yumeplan.prfj.or.jp/index.html
    (一般財団法人公園財団)

  • 音健アワード2022
    うたと音楽のチカラで、社会課題の解決と豊かな未来の想像を目指します!
    日本音楽健康協会は、これからの未来のために「うたと音楽」を用いる活動を応援しています。
    全国の様々なシーンでは素晴らしい音楽活動が行われております。当協会は、これらの活動に光を当て、秀逸な作品を表彰することで、この素晴らしい音楽活動を広く発信していきます。
    期間:〜9月30日(金)
  • https://www.onkenkyo.or.jp/award_guideline/
    (一般社団法人日本音楽健康協会)

  • 第20回読売福祉文化賞
    新しい時代にふさわしい福祉活動を創造する“担い手”を募集します。
    障害者や子どもの福祉を中心に福祉全般を対象とする「一般部門」、高齢者を支援する福祉活動を対象とする「高齢者福祉部門」、各 3 件 (トロフィーと副賞各 100 万円) を顕彰します。
    期間:〜9月30日(金)
  • https://www.yomiuri-hikari.or.jp/report/20-1.html
    (社会福祉法人読売光と愛の事業団)

  • 服部禮次郎アフリカ基金(2022年度)
    日本とアフリカ諸国の相互理解と繁栄を支援致します。
    期間:〜9月30日(金)
  • http://www.africasociety.or.jp/index.php/support/support01
    (一般財団法人アフリカ協会)

  • 地球にやさしいカードによる助成事業
    ■ 「地球にやさしいカード」とは?
    SMBC ファイナンスサービス株式会社が発行する「地球にやさしいカード」は、全国の OMC 又は VISA 加盟店で使用できるクレジットカードです。
    このカードは「地球温暖化を抑える」、「熱帯林を守り育てる」など、自然環境の保全に関するテーマにより、12種類に分けられています。カード会員は、自分が関心のあるテーマのカードを選んで使用することができます。
    ■ 助成の仕組み
    助成対象に選ばれた団体は、その活動内容により、それぞれ該当すると思われるテーマのカードに割り当てられます。 「地球にやさしいカード」でカードショッピングをご利用いただくとカード会員様のご負担なく、SMBC ファイナンスサービス株式会社から利用金額の 0.5 %が公益財団法人緑の地球防衛基金に寄付され、当基金より各助成対象団体へ助成金を配分します。
    期間:〜9月30日(金)
  • https://green-earth-japan.net/kikin_zyosei.html
    (公益財団法人緑の地球防衛基金)

  • 2022年度ホース未来福祉財団助成金募集
    ホース未来福祉財団は、「障害者の自立及び社会参加に関する各種活動に対し援助を行い、障害者が健康的で明るい社会生活を営める環境づくりに貢献し、もって幅広く障害者の福祉向上に資すること」を目的としています。
    期間:〜9月30日(金)当日消印有効
  • https://horse-fw.or.jp/2022-joseikin-bosyu/
    (公益財団法人ホース未来福祉財団)

  • 2022年度提案型助成事業「郷土資料・貴重資料等のデジタル化および公開事業」
    期間:〜9月30日(金)午後5時(事務局必着)
  • https://www.toshokan.or.jp/jyosei/
    (公益財団法人図書館振興財団)

  • NGO海外援助活動助成″ウクライナ避難民支援特別枠″
    このたびのロシアによるウクライナへの侵攻により、多数のウクライナ国民が戦禍を逃れて国内外に避難をしており、支援の手を必要としていることから、当財団においては、これまで行ってきた NGO 海外援助活動助成にウクライナ避難民支援特別枠を設けて申請を募集することとしました。
    期間:〜9月30日(金)
  • https://www.yu-cho-f.jp/international/ngo_grant.html
    (一般財団法人ゆうちょ財団)

  • 令和5年度多文化共生のまちづくり促進事業
  • グローバル化が進展し、日本に居住する外国人住民が定住傾向にある中で、文化的背景を異にする人々が共生・協働する社会の構築を推進するために、地方公共団体や地域国際化協会等が実施する多文化共生を推進する事業に対し、助成金を交付します。
    期間:〜9月30日(金)必着
  • http://www.clair.or.jp/j/multiculture/kokusai/page_8.html
    (一般財団法人自治体国際化協会「クレア」)

  • ●2023年度水辺の大型鳥類保護部門
  • 当部門は、「今日、鳥たちの身に起きていることは、明日は人間の問題になるかもしれない」という、基金設定趣旨でもある理念に鑑み、水と人と鳥が共存する生態系の再生を目指し、そのシンボルとして、誰もが知っている大型の鳥類でありながら、現在では殆ど見ることのできないコウノトリ・トキ・ツル等の保護、生息環境の整備等の活動で、当基金の助成がその後の継続的活動の突破口となるような助成を行います。
    ●2023年度地域愛鳥活動助成部門
    鳥類保護団体の鳥類保護活動に対して助成を行うことを通じて、地球環境保全に貢献することを目的とします。
    ●2023年度鳥類保護団体への活動助成部門
    地域に根ざした鳥類保護活動に対して助成を行うことを通じて、地球環境保全に貢献することを目的とします。
    期間:〜9月30日(金)当日消印有効
  • http://www.koueki-suntory-aityou.jp/bosyuu/index.html
    (公益信託サントリー世界愛鳥基金)

  • 第4回「移民・難民支援基金」
    本基金は、日本国内の難民、移民、技能実習生、外国人労働者とその家族など、外国籍または外国にルーツをもつ人々への支援を行っている NPO 法人等の民間非営利組織に対し、資金助成をはかり、その活動を支援することを目的として設立された基金です。
    期間:〜9月30日(金)
  • https://www.public.or.jp/project/f0136
    (公益財団法人パブリックリソース財団)

  • 学会賞(JASM賞)
    日本社会福祉マネジメント学会(JASM)では、社会福祉サービスの質の向上に寄与することを目的とした表彰制度を設けました。
    期間:〜9月30日(金)当日消印有効
    https://jasm.info/form-award/
    (一般社団法人日本社会福祉マネジメント学会)

  • 松田妙子賞
    前理事長 松田妙子は、当財団の設立以来、35 年余にわたり、「生涯学習」推進のため、資格認定団体の後援や50歳以上の博士号取得支援など、先見性のある事業に取り組んできました。
    賞のテーマである「Share Your Happiness」は、松田家に受け継がれてきた「自分が恵まれていると思ったら世の中に恩返しをしなさい」というスピリットにもとづいており、社会貢献の願いが込められています。
    期間:〜10月3日(月)
  • https://www.gllc.or.jp/project/matsudataeko/
    (一般財団法人生涯学習開発財団)

  • ●2023年度「機械振興補助事業」
  • ●2023年度「公益事業進行補助事業」(※公設工業試験研究所等・研究補助を除く)
  • 期間:〜9月22日(木)15時事業者登録は9月21日(水)15時までに完了してください。
    ※別途、申請書類の郵送提出が必要となります(郵送必着期限:10月3日(月)17時)
    ●2023年度「公設工業試験研究所等」
    ●2023年度「研究補助」
    期間:2022年10月12日(水)10時〜11月17日(木)15時
    事業者登録は2022年11月16日(水)15時までに完了してください。
    ※別途、申請書類の郵送提出が必要となります(郵送必着期限:11月24日(木)17時)
  • https://hojo.keirin-autorace.or.jp/shinsei/shinsei.html
    (公益財団法人JKA)

  • 第12回「毎日地球未来賞」
    「毎日地球未来賞」は、未来の子どもたちに良好な環境を残すために、「食料」「水」「環境」の分野で、国内外の問題解決のために地道に取り組んでいる草の根的な市民団体や、小中高生・大学生など若い人たちの活動を表彰し、賞金を贈って活動を応援します。
    自推・他推のどちらでも受け付けます。奮ってご応募ください。
    期間:〜10月4日(火)
  • https://www.mainichi.co.jp/event/aw/chikyumirai/
    (株式会社毎日新聞社)

  • 2023年度環境市民活動助成募集
    ●地域美化助成
    期間:2022年9月15日(木)〜10月5日(水)当日消印有効
    ●活動助成
    ●NPO基盤強化助成
    期間:2022年10月11日(火)〜10月31日(月)当日消印有効
  • https://7midori.yoshida-p.net/(web申請)
    https://www.7midori.org/josei/(HP)
    (一般財団法人セブン-イレブン記念財団)

  • 2022年度社会福祉事業NPO基盤強化資金助成
  • ●組織および事業活動の強化資金助成
  • 「NPO基盤強化資金助成」では、NPOの基盤強化となる「組織の強化」と「事業活動の強化」に必要な資金を助成します。
  • https://www.sompo-wf.org/jyosei/kibankyouka.html
    ●認定NPO法人取得資金助成
  • 「NPO基盤強化資金助成」では、地域の中核となり、持続的に活動する質の高いNPO法人づくりを支援し、「認定NPO法人」の取得に必要な資金を助成します。
  • https://www.sompo-wf.org/jyosei/nintei-npo.html
    期間:9月1日(木)〜10月7日(金)
    (公益財団法人SOMPO福祉財団)

  • 学生ボランティア活動体験レポート
     いまだに新型コロナウイルス感染症の収束が見えない中、通常の学生ボランティア活動が適切かつ円滑に実施されることが困難な状況であることから、学生の皆さんの安全を確保しつつ、学生ボランティア活動を支援するため、「学生ボランティア団体活動体験レポート」を募集します。
    期間:9月1日(木)〜10月14日(金)
  • http://www.gakusei-sc.or.jp/news/v2022b.pdf
    (一般財団法人学生サポートセンター)

  • ●2023年度広域安全事業助成
  • https://www.syaanken.or.jp/wp-content/uploads/2022/07/2023_youkou_koiki.pdf
    ●2023年度県域安全事業助成
  • https://www.syaanken.or.jp/wp-content/uploads/2022/07/2023_youkou_keniki.pdf
    募集の趣旨
    公益財団法人日工組社会安全研究財団(以下「当財団」という。)は、人々が犯罪と関わりなく安全かつ安心して生活できる社会の実現を目指しています。そのため、同じ目的を有する団体の活動を助成によって支援します。助成は、犯罪の予防活動を中心に、少年非行防止・被害者支援等の活動を対象とします。
    期間:9月1日(木)〜10月14日(金)当日必着
    (公益財団法人日工組安全研究財団)

  • がん患者団体助成事業
    がん患者会やがん患者を支援する団体が主体となって取り組む優れた事業に助成します。相談窓口の開設や小冊子の発行、シンポジウムの開催、インターネットによる情報発信など、企画運営が対象です。単年度の助成が基本ですが、長期計画が必要と認められる場合、3年を上限に継続助成することもあります。
    期間:〜10月17日(月)
  • https://shourikikouseikai.or.jp/works/kanja/doc.html
    (公益財団法人正力厚生会)

  • 2023年度笹川科学研究助成 実践研究部門
    本助成制度は、課題の設定が独創性・萌芽性をもつ研究、発想や着眼点が従来にない新規性をもつ研究を支援します。
    期間:9月15日(木)〜10月17日(月)23:59まで
  • https://www.jss.or.jp/ikusei/sasakawa/data/2023jissen_boshuyoko.pdf
    (公益財団法人日本科学協会)
  • 第18回「TOTO水環境基金」
  • 【国内】
    地域の水とくらしの関係を見直し、再生することを目指した創造的な取り組みを支援します。これにより、地域で暮らす人たちがともに水とくらしの多様な関係を学び、これからの水とくらしの望ましい関係を考え、それぞれの地域の特徴を活かした、新しい文化を創り出す契機となることを期待します。
  • 【海外】
    地域および地球規模での社会的課題の解決を目指した創造的な取り組みを支援します。各国・各エリアにおける社会的課題を明確に捉え、課題を解決するための新しい仕組みや事業を実現する契機となることを期待します。
    期間:〜10月18日(火)
  • https://jp.toto.com/company/csr/mizukikin/spirit/thought/
    (TOTO株式会社)
  • かながわボランタリー活動推進基金21 助成金募集のお知らせ
    「令和5年度実施分」
    ●ボランタリー活動補助金
    期間:9月20日(火)〜10月20日(木)
    ●ボランタリー団体成長支援事業
    期間:7月26日(火)〜9月13日(火)
    「令和4年度分」
    ●ボランタリー活動奨励賞
    期間:7月26日(火)〜9月13日(火)
  • http://www.pref.kanagawa.jp/docs/u3x/cnt/f5258/index.html
    (かながわ県民活動サポートセンター)

  • 令和4年度国際交流助成
    日本の美術家が海外において開催する個展や共同展、ならびに国内で開催される美術に関する国際会議等の活動を助成し、他国との文化交流の活性化に寄与しようとするものです。
    期間:9月5日(月)〜10月21日(金)
  • https://www.yg-artfoundation.or.jp/exchange.html
    (公益財団法人吉野石膏美術振興財団)
  • ●2021芸術・文化による社会創造ファンド-2021Arts Fund-」
  • 対象となる申請者(寄付を集めたい 芸術・文化団体の皆さま)
    公益を目的とした法人で、芸術・文化活動を行うもの
    →一般財団法人、一般社団法人、特定非営利活動法人など。
    注1)株式会社、有限会社、合名会社、合資会社などの営利法人や、宗教法人、政治団体は申請できません。
    注2)原則として公益財団法人・公益社団法人は対象となりませんが、PST認定がされていない団体や、その他特別な事由によりファンド利用を要望する場合はその事由を検討したうえで別途取り扱う場合がある。
    任意団体で芸術・文化活動を行うもの
    →法人格を持たない劇団やオーケストラ、公演・展示などの実行委員会など。
    →規約などを有し、代表者の定めがあること。
    芸術・文化活動を行う個人の場合は、その活動の公益性が認められるもの
  • https://culfun.mecenat.or.jp/collect/2021artsfund/point.html
  • ●助成認定制度
  • 対象となる申請者
    公益を目的とした法人で、芸術・文化活動を行うもの
    →一般財団法人、一般社団法人、特定非営利活動法人など。
    注1)株式会社、有限会社、合名会社、合資会社などの営利法人や、宗教法人、政治団体は申請できません。
    注2)原則として公益財団法人・公益社団法人は対象となりません。
    公益を目的とした任意団体で、規約などを有し、代表者の定めがあり、芸術・文化活動を行うもの
    →法人格を持たない劇団やオーケストラ、公演・展示などの実行委員会など。
    芸術・文化活動を行う個人の場合は、その活動の公益性が認められるもの
  • https://culfun.mecenat.or.jp/collect/grant/point.html
  • 申請受付は年4回 各回締切日:1月20日、4月20日、7月20日、10月20日
    (公益財団法人企業メセナ協議会)

  • ●草の根技術協力事業″草の根協力支援型″
    草の根協力支援型 (以下、支援型) は、日本国内での活動実績はあるものの、開発途上国への支援実績が少ない NGO 等の団体を対象にした事業形態です。
    事業実施を通じて提案団体が開発途上国への国際協力の経験を積み、事業終了後も国際協力の担い手として活躍することを期待しています。
    期間:〜10月24日(月)17時必着
    ●草の根技術協力事業″草の根パートナー型″
    草の根パートナー型 (以下、パートナー型) は、開発途上国への支援において既に豊富な経験と実績を有している NGO 等の団体を対象とした事業形態です。
    事業実施を通じて提案団体のこれまでの経験や強みを活かし、より開発途上国の課題解決に寄与する事業を展開することが期待しています。
    提案事業の実施期間は 3 年以内となります 提案可能な金額の上限は 1 億円です。

期間:〜11月11日(金)

https://www.jica.go.jp/partner/kusanone/ku57pq00001yv01k-att/2022_require.pdf
(独立行政法人国際協力機構)


  • アートによる地域振興助成
    現代アートのもつメッセージ性を軸としながら、地域住民や行政と協働し、その土地の独自性を生かした地域文化の振興に資する事業を助成対象としています。日本国内におけるアートプロジェクトの立ち上げと継続的発展を目的として助成をしています
    期間:10月1日(土)〜10月31日(月)23時59分締切厳守
  • https://fukutake-foundation.jp/subsidy/art_index
    (公益財団法人福武財団)

  • 助成"地域文化の振興をめざして”
    一人ひとりが暮らす地域社会の文化は、人々にとって生きる自信や誇りを与えるものであり、その主体性を確立していく必要があります。特に心のふるさとを求めて地域文化の再認識が現在各地で求められているところです。
    本財団はこのような考え方のなかから、地域文化の活動に対し助成を行うものです。
    期間:〜10月31日(月)
  • http://www.zenzeikyo.com/assist/index.html
    (公益財団法人全国税理士共栄会文化財団)

  • アジア生協協力基金一般公募助成
  • 助成対象となるもの
    1.アジア・太平洋地域で実施される事業。
    2.社会的に脆弱な立場や経済的に困難な状況に置かれた現地の人々を、主要な受益対象者とした事業。
    3.現地の人々の主体的な参加と協同・組織化を促進し、現地の人々の社会的自立・経済的自立を目的とした事業
    期間:〜10月31日(月)
  • https://ccij.jp/jyosei/pdf/220727_01_01.pdf
    (公益財団法人生協総合研究所)

  • 2023年度日本室内楽振興財団 助成
  • 日本室内楽振興財団では、わが国における室内楽の水準向上・普及を図り、もってわが国の芸術文化の充実に寄与することを目的として設立されました。当財団では、室内楽振興のために室内楽に関する各種の活動に助成を行います。
    期間:〜10月31日(月)必着
  • http://www.jcmf.or.jp/about-jcmf/subsidy.html
    (公益財団法人日本室内楽振興財団)

  • 公益信託アフリカ支援基金
  • この基金は、アフリカ地域における人々の生活向上のための支援を行います。
    期間:〜10月31日(月)必着
    http://www.africasociety.or.jp/index.php/support/support03
    (一般社団法人アフリカ協会)

  • 上期「芸術文化助成」
  • 野村財団は若手芸術家の育成活動および公演会、展覧会、シンポジウムの開催など芸術文化の国際交流活動に対する助成を行っています。
    期間:10月3日(月)〜10月31日(月)
  • https://www.nomurafoundation.or.jp/category/culture#bosyu
    (公益財団法人野村財団)

  • 中央ろうきん助成制度"カナエルチカラ"〜生きる楽しみ、働くよろこび〜
  • 対象事業・活動
    「生きるたのしみ」が「働くよろこび」につながり、「働くよろこび」をもつことが「生きる楽しみ」を生みだす。そのような「生きるたのしみ」と「働くよろこび」が相互に豊かな関係をつくりだす事業を応援します。
  • ●新たな事業の立ち上げを応援します。
    ●「生きるたのしみ」という面では、広く“ひと・まち・くらし”づくりに役立つ発想豊かな事業を想定しています。
    ●「働くよろこび」という面では、働く人が直面する、“疾病治療・介護・子育て等と仕事の両立”“働くことに困難を抱える若者や女性・高齢者の自立就労支援”など、多様な働く場・機会の創出に焦点を当てた事業を想定しています。
    ●特に、公的な補助や支援の対象とならない/なりにくい、自主的かつ先駆的な事業・活動を応援します。
    期間:10月1日(土)〜10月31日(月)応募メール必着
  • https://chuo.rokin.com/about/csr/josei/youkou.html
    (中央労働金庫)

  • 2022年度助成事業募集
    一般財団法人齋藤茂昭記念財団では、障害者、発達障害、LGBTQを初めとする社会的マイノリティの能力発揮とQOL※1(クオリティ・オブ・ライフ)の向上に関する活動に対する支援、並びに医薬の進歩、発展及びヘルスケアの増進に関する活動に対する支援のため、以下のような事業に対して助成を行います。
    期間:〜10月31日(月)
  • https://www.saito-foundation.jp/business/
    (一般財団法人齋藤茂昭記念財団)

  • 社会貢献者表彰推薦募集
    目的
    国の内外を問わず、社会と人間の安寧と幸福のために貢献し、顕著な功績を挙げられながら、社会的に報われる
    ことの少なかった方々を表彰し、そのご功績に報い感謝することを通じてよりよい社会づくりに資することを目的としています。
    期間:〜10月31日(月)必着
  • https://www.tvac.or.jp/res/attach/daily/50747_1.pdf
    (公益財団法人社会貢献支援団体)

  • 芸術活動助成金
    音楽会、美術展覧会等への助成を通じて、文化、芸術等の発展、向上に寄与することを目的とします。
    期間:〜10月31日(月)web申請のみ
  • https://www.asahizaidan.or.jp/grant/grant01.html
    (公益財団法人朝日新聞文化財団)

  • アートによる地域振興助成
    現代アートのもつメッセージ性を軸としながら、地域住民や行政と協働し、その土地の独自性を生かした地域文化の振興に資する事業を助成対象としています。日本国内におけるアートプロジェクトの立ち上げと継続的発展を目的として助成をしています。
    期間:〜10月31日(月)23時59分締切厳守
  • https://fukutake-foundation.jp/subsidy/art_index
    (公益財団法人福武財団)

  • がん患者在宅療養支援の助成先を募集
    読売光と愛の事業団は、人生最終段階の進行がんなどのため在宅で療養する患者やその家族への支援活動に助成します。
    期間:〜10月31日(月)
  • https://www.yomiuri-hikari.or.jp/report/post-360.html
    (社会福祉法人読売光と愛の事業団)

  • 高速道路利用・観光・地域連携推進プランの募集
    一般財団法人国土計画協会は、高速道路の利用を通じた観光及び地域交流の推進を図る観点から、高速道路及び高速道路のSA、PA、IC、スマートIC等を活用した取り組み、及び高速道路の利用者の利便増進に関する取り組み、及び観光に関する取り組みに対し一定の支援を行うため、公益的団体等が主体となって実施する実現可能なプランを募集し、優れたプランへは実現への支援を行っています。
    期間:〜10月31日(月)必着
  • https://www.kok.or.jp/project/highwayplan.html
    (一般財団法人国土計画協会)

  • 第33回コメリ緑基金
    活動分野
    ●自然環境保全活動 ●里地里山保全活動 ●緑化植栽活動
    期間:〜10月31日(月)消印有効
  • http://www.komeri-midori.org/koubo/guide.html
    (公益財団法人コメリ緑育成財団)

  • アジア生協協力基金2023年度・助成金一般公募
    2009年度からは生協総合研究所(以下、生協総研)の公益財団法人への移行により、助成先の幅を広げ、協同組合に限らず、日本国内の草の根組織が、アジア・太平洋地域で行う協力先の人材育成や組織強化などの事業に対しても助成を行うことにしました。
    期間:〜10月31日(月)
  • https://ccij.jp/jyosei/kikinkoubo220727_01.html
    (公益財団法人生協総合研究所)

  • 地域活動団体への助成「生活学校助成」
    近所の一人暮らしのお年寄りや子どもたちの見守り、ごみの収集や資源リサイクル活動など、身近な地域や暮らしの問題に取り組むグループの皆さま、生活学校に参加してみませんか?生活学校の趣旨に賛同し、参加を希望する地域活動団体の募集を行い、当協会から活動経費の助成を行います。
    期間:〜10月31日(月)
  • http://www.ashita.or.jp/sg2.htm
    (公益財団法人あしたの日本を創る協会)

  • ●令和5年度「キリン・地域のちから応援事業」
    障害があってもなくても、高齢者でも子どもでも、日本人でも外国人でも、同じ地域やコミュニティで生活する一員として、共に理解し合い・支え合う共生社会の実現を願い、地域における障害児・者、高齢者、子どもなどの福祉向上に関わる、次のような幅広いボランティア活動を実施する団体に対して助成します。災害の復興応援および防災や公衆衛生(新型コロナウイルス感染拡大防止への取り組み)に関しても広く募集します。
  • https://foundation.kirinholdings.com/subsidy/r5/index.html
    ●令和5年度「キリン・福祉のちから開拓事業」
  • 公益財団法人キリン福祉財団(理事長 三宅 占二)は、長期的な視点で全国や広域にまたがる社会的な課題の解決に取り組むボランティアを応援する「キリン・福祉のちから開拓事業」の募集要綱を決定しましたので、下記の通りご案内申し上げます。
    なお、本公募は全国や広域(複数の都道府県)にまたがる取り組みが対象となります。地域内(一つの都道府県内)での活動は、「キリン・地域のちから応援事業」にてお申し込み下さい(申し込み受付期間は同一)。
  • https://foundation.kirinholdings.com/subsidy/r5/fukushi.html
  • 期間:〜10月31日(月)当日消印有効
    (公益財団法人キリン福祉財団)
  • 子ども活動支援補助金
  • 当財団は、子どもや親子のスポーツ・運動あそびに関する取り組みを行う地方公共団体に対し、補助金を交付しております。 これまで多く地方公共団体に補助金の給付を行って参りましたが、皆様のご要望にお応えし、令和4年度は補助金額を一律100万円に増額して募集を致します。この補助金は、子どもや親子のあそびに関する活動・環境づくり全般に広くご活用いただける補助金となっておりますので、申請をお待ちしております。
    第3期:9月1日〜10月31日
  • https://www.lsf.or.jp/child_activity/
    (公益財団法人ライフスポーツ財団)
  • 2023年度日本郵便年賀寄付金配分団体公募
  • 弊社では、毎年、寄付金付年賀葉書・年賀切手を発行しており、国民の皆さまからお預かりした寄付金(年賀寄付金)は、社会の発展に大きく貢献することを目的に、全国各地の社会貢献・地域貢献活動を多くの団体(社会福祉法人、更生保護法人、特定非営利活動法人 等)に配分しております
    期間:2022年9月12日(月)〜11月4日(金)消印有効
  • https://www.post.japanpost.jp/kifu/topics/r040831_01.html
    (日本郵便株式会社)

  • ●美術展覧会(絵画・版画・彫刻等)への助成
    日本の美術館・博物館もしくは、団体が企画、開催する絵画・版画・彫刻等の展覧会で、企画性に富み、芸術的、社会的に価値の高いものを対象として助成いたします。
    https://www.kao-foundation.or.jp/assist/art/art_exhibition.html
  • ●美術に関する研究への助成(出版助成)
    美術に関する研究成果の出版に対して助成をします。
    (対象範囲は西洋美術史、日本・東洋美術史、現代美術、芸術運営・支援などの研究といたします)
  • https://www.kao-foundation.or.jp/assist/art/art_research.html
  • ●音楽公演(オーケストラ・オペラ・室内楽等)への助成
    オーケストラ・オペラ・室内楽等の日本のプロの音楽団体が主催する創造的な音楽公演、また、それに伴う文化芸術の普及及び育成を対象として助成いたします。いずれも外国で開催されるものは、日本で企画し外国で公演するものに限ります。
    https://www.kao-foundation.or.jp/assist/art/music_performance.html
    ●音楽に関する研究への助成
    音楽を対象とする専門的研究活動を対象として助成いたします。
    https://www.kao-foundation.or.jp/assist/art/music_research.html
    期間:10月1日(土)〜11月10日(木)必着
    (公益財団法人花王芸術・科学財団)
  • 美術に関する国際交流助成
    美術に関する国際的な活動を援助、助成し、文化交流の活性化に寄与しようとするものです。
    WEB申請:10月3日(月)10:00〜11月14日(月)17:00まで
  • https://www.pola-art-foundation.jp/grants/kokusai.html
    (公益財団法人ポーラ美術振興財団)
  • 社会奉仕の精神と志に富み、公益性かつ実効性の高い事業を行う団体を対象とします。
    法人格の有無は問いませんが、規約・役員・経理などをはじめとする内部管理体制が整備されており、永続性のある非営利活動団体であることを原則とします。個人の場合は別途ご相談ください。
    後期:2022年10月1日から2022年11月15日当日財団必着
  • https://morimura-houmeikai.jp/support/
    (公益財団法人森村豊明会)
  • 2022年度 特定課題 外国人材の受け入れと日本社会
    トヨタ財団は、(1)外国人材が能力を最大限発揮できる環境作り、(2)外国人材の情報へのアクセスにおける格差の是正、(3)ケア・サポート体制を担う人材と既存資源の見直し、(4)高度人材の流入促進、(5)日本企業の海外事業活動における知見・経験からの学びと教訓という5つの助成分野を設定し、外国人受け入れの総合的な仕組み構築への寄与が期待できる調査・研究・実践に対して助成する本プログラムを2019年度より開始しました。
    期間:〜11月19日(土)23:59まで
  • https://www.toyotafound.or.jp/special/2022/migration.html
    (公益財団法人トヨタ財団)
  • もり・みず市民事業支援補助金
    県では水源環境保全・再生に係る県民主体の取組の推進を図るため、市民の皆さんによる水源環境保全・再生を目的とした活動に、財政的な支援を行っています。
    期間:11月1日(火)〜11月25日(金)郵送必着
  • https://www.pref.kanagawa.jp/docs/pb5/cnt/f7006/p23490.html
    (神奈川県環境農政局緑政部水源環境保全課)
  • 子どもゆめ基金
    助成の対象となる活動
    次に該当する団体で、当該団体が自ら主催し、子どもの健全な育成を目的に子どもの体験活動や読書活動の振興に取り組む団体が助成の対象となります。
    (1)公益社団法人、公益財団法人又は一般社団法人、一般財団法人
    (2)特定非営利活動法人
    (3)上記(1)(2)以外の法人格を有する団体(次に掲げる団体を除く。)
    1.国又は地方公共団体
    2.法律により直接に設立された法人
    3.特別の法律により特別の設立行為をもって設立された法人
    (4)法人格を有しないが、活動を実施するための体制が整っていると認められる団体
    一次募集 電子申請:2022年10月1日(土)〜11月29日(火)17時締切
    二次募集 電子申請:2023年5月1日(月)〜6月27日(火)17時締切
  • https://yumekikin.niye.go.jp/jyosei/
    (独立行政法人国立青少年教育振興機構子どもゆめ基金)
  • 「就職活動応援助成金」および「手に職をつけよう応援助成」
    このたび、児童養護施設を退所して大学や専門学校等で学ぶ方を対象に、就職活動に係る費用を助成する「就職活動応援助成」と、国家資格等取得をめざす費用を助成する「手に職つけよう応援助成」助成応募を受付けています。
    第2回応募締切:2022年11月30日(水)
  • https://www.akaihane.or.jp/subsidies/sub-kikin/27307/
    (社会福祉法人中央共同募金会)
  • 第4回 吉野作造フェローシップ
    NPO法人古川学人(吉野作造記念館指定管理者)では、社会の課題を見つけ、みずからのアイデアで解決しようとする若者の活動を応援します(吉野作造フェローシップ)。採用された企画には、最大で5〜10万円の活動資金を補助するほか、様々なサポートを提供します。
    期間:〜:2022年11月30日(水)
  • https://www.yoshinosakuzou.info/blank-51
    (NPO法人古川学人)
  • 2023年度助成団体募集
    公益財団法人 三菱UFJ信託地域文化財団は、1989年の設立以来、地域文化の振興に資する音楽・美術・演劇・伝統芸能の各分野の活動団体に対する助成事業を行っております。
    期間:〜2022年11月30日(水)当日消印有効
  • http://www.mut-tiikibunkazaidan.or.jp/
    (公益財団法人三菱UFJ信託地域文化財団)
  • ●障がい者給料増額支援助成金
    この助成金は、障がい者の給料増額に努力し取り組む事業所・施設に対し、さらに多くの給料を支払うための事業の資金として助成します。
    ●障がい者福祉助成金
    給料増額にはこだわらず、障がいのある方の幸せにつながる事業・活動に対して助成します。 福祉事業所に限らずボランティア団体、サークル等、幅広い活動を支援します。
    期間:2022年10月1日(土)〜2022年11月30日(水)当日消印有効
  • https://www.yamato-fukushi.jp/works/subsidy-2023.html
    (公益財団法人ヤマト福祉財団)
  • ●福祉たすけあい助成(19期)募集
    趣旨:県内で、福祉たすけあいに関わる地域課題を、市民が解決するため非営利な事業・活動の立ち上げ支援を目的とする助成です。特に設立後間もない団体の事業や、既存の団体が新たな課題解決に取り組む新規事業立ち上げを支援します。
    期間:11月7日(月)〜12月9日(金)17時必着
    ★説明会日程
    日時:10月27日(木)@10:00〜11:30 A15:00〜16:30 ZOOMによるオンライン開催
    ★個別相談日程(必須)
    日時:11月7日(月)〜11月30日(水)土日除く 10:00〜17:00要予約
    場所:(公財)かながわ生き活き市民基金・事務所(新横浜駅より8分)
    <個別相談への参加がない場合は申請できませんのでご注意ください>
  • 詳しくはこちら(PDF)
    (公益財団法人かながわ生き活き市民基金)
  • 令和元年度補正予算・令和3年度補正予算小規模事業者持続化補助金″一般型″
  • 本補助金事業は、持続的な経営に向けた経営計画に基づく、小規模事業者等の地道な販路開拓等の取組 (例:新たな市場への参入に向けた売り方の工夫や新たな顧客層の獲得に向けた商品の改良・開発等) や、地道な販路開拓等とあわせて行う業務効率化の取組を支援するため、それに要する経費の一部を補助するものです。
    第10回:2022年12月上旬[郵送:締切日当日消印有効]
    (事業支援計画書(様式4)発行の受付締切 原則2022年12月上旬)
    第11回:2023年2月下旬[郵送:締切日当日消印有効]
    (事業支援計画書(様式4)発行の受付締切 原則2023年2月中旬)
  • https://r3.jizokukahojokin.info/
    (日本商工会議所 / 全国商工会連合会)

  • 2023年度日社済「社会福祉助成事業」
    公益財団法人日本社会福祉弘済会は、少子高齢化が進展し、多様化する福祉需要のなかで社会福祉の向上を目指した“研修事業”や“研究事業”に助成することにより、豊かな福祉社会の実現に寄与することを目的といたします。
    2023年度も下記の通り、社会福祉関係者(社会福祉施設等社会福祉事業に従事する方々等)に係る研修・研究事業に対して、公募による助成事業の募集を行います。
    期間:11月1日(火)〜12月15日(木)
  • https://www.nisshasai.jp/fukusijyoseijigyo/jyoseiyoukou-2023.html
    (公益財団法人日本社会福祉弘済会)

  • 第4回パイロットクラブ・チャレンジ助成金
    一般社団法人パイロットインターナショナル日本ディストリクト(日本地区)は、地域社会に前向きの変化をもたら すことを使命とし、脳関連障がい者への支援に焦点をあてて活動している奉仕団体です。パイロットクラブは、その使命に共鳴する活動にチャレンジしている方々の活動を支援する助成金事業を行います。
    期間:9月21日(水)〜12月20日(火)必着
  • https://www.pijd1951.org/%E7%AC%AC%EF%BC%94%E5%9B%9E%E3%83%91%E3%82%A4%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%96-%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B8%E5%8A%A9%E6%88%90%E9%87%91/
    (一般社団法人パイロットインターナショナル)

  • 2022年度日本財団補助施設の修繕・改造等に関する助成事業の募集
    日本財団の助成金により建設された施設をより一層有効に活用するための助成制度です。
    期間:〜12月23日(金)
  • https://www.nippon-foundation.or.jp/grant_application/programs/remodeling
    (公益財団法人日本財団)

  • ウクライナ難民支援助成プログラム募集
    本助成プログラムは、各地域におけるウクライナ避難民の受け入れ態勢の整備を目的に、ウクライナ避難民の受け入れや生活支援を行う各地域の市民社会の活動や、それらの支援活動の連携をコーディネートする事業等を対象に助成を行うものです。
    期間:〜12月31日(土)
  • https://www.nippon-foundation.or.jp/grant_application/programs/support_ukraine
    (公益財団法人日本財団)

  • 子どもシェルター新設事業 実行団体 再公募
    本プログラムでは、困難を抱える子どもの権利回復を目的に、子どもの代弁者としての弁護士や福祉関係者らが中心となりながら、居場所のない子どもたちの緊急避難所となる子どもシェルターを開設し、児童自立生活援助事業として持続的に運営する団体を支援します。
    なお、本事業では「子どもシェルター」を、避難してきた子どもが、緊急避難所として数日〜2ヵ月程度、職員やボランティアスタッフと寝食を共にし、家庭的な生活を送りながら、今後の見通しについて社会福祉士などのスタッフや子ども担当弁護士と話し合い、児童相談所等と連携しながらその後の行き先を探すための場と想定しています。
    ※本事業は、子どもシェルター全国ネットワーク会議とのコンソーシアム型で運営します。
    期間:〜2023年度1月31日(火)17:00
  • https://www.public.or.jp/project/f1012
    (公益財団法人パブリックリソース財団)
  • アウトドア環境保護基金
    アウトドアフィールドの保全のために活動している全国の団体に活動資金を助成しています。
    2022年度後期:2023年2月15日(水)
  • https://outdoorconservation.jp/promotion-support
    (一般社団法人コンサベーション・アライアンス・ジャパン)

  • JT SDGs貢献プロジェクト〜包摂的かつ持続可能な地域社会の発展に向けて〜
    期間:申請は年2回(6月1〜30日、12月1〜31日)の期間内に受け付けています。
    分野:環境の保全、災害救援
    https://www.philanthropy.or.jp/jt/
    (公益社団法人 日本フィランソロピー協会)
  • SDGs貢献プロジェクト
    〜包摂的かつ持続可能な地域社会の発展に向けて〜
    JT は責任ある地域コミュニティの一員として、自然・社会・人間の多様性に価値を認め、自らが事業を行っている地域社会における重要な課題に対し、幅広いステークホルダーとともに包摂的かつ持続可能な地域社会の発展のため、さまざまなコミュニティインベストメントに取り組んでいきたいと考えております。
    「SDGs 貢献プロジェクト」では、JT がコミュニティインベストメントの重点領域として位置付けている、「格差是正」、「災害分野」、「環境保全」に取り組む様々な団体の事業を助成により支援します。
    期間:2022年12月1日(木)〜2022年12月31日(土)
  • https://www.philanthropy.or.jp/jt/doc/guideline_20210401.pdf
    (日本たまこ産業株式会社)

  • 大規模災害時防犯活動緊急助成の募集
    期間:2019年4月1日(月)以降 通年
    https://www.syaanken.or.jp/?p=10623
    (公益財団法人日工組社会安全研究財団)

  • 令和2年度コンテンツグローバル需要創出促進事業費補助金(三次補正)
    国内におけるポストコロナを見据えた収益基盤の強化に資する公演及び当該 公演を収録した動画の全部又は一部の海外向けのデジタル配信の実施を支援
    期間:※原則隔週金曜日に応募を締め切ります。
  • 詳しくはこちら
    (特定非営利活動法人映像産業振興機構(VIPO))

  • こどもサポート証券ネット
  • 本取組みは、証券会社が提供できるリソース(当面の間は証券会社が株主として受け取る株主優待品などの「物品」のみを対象としますが、将来的には営業店等の会議室の提供、人の派遣等も含めることを予定しております。)を子供の支援に向けた活動に有効活用していただくことにより、我が国における子供の貧困問題の解決に資することを目的としています。
    証券業界では、子供の支援については「未来への投資」であると考え、1件でも多くのマッチングにつながるように努めて参ります。
    期間:常時公募
  • https://www.jsda.or.jp/sdgs/kodomonet.html
    (日本証券業協会)

  • 障害者支援助成事業
    障害者又は障害者支援団体の社会参加活動等に対する支援を通じて、障害者の社会参加を促進する等、明るく活力に満ちた地域社会の実現に貢献する。
    障害者又は障害者を支援する団体に対して、広く一般に公募を行い、助成金選考規程に従って助成する。
    期間:毎年、12月末日、3月末日、6月末日及び9月末日
  • http://www.haruyama.co.jp/zaidan/assistance.php
    (公益財団法人はるやま財団)

  • ラッシュジャパン合同会社「LUSHチャリティバンク」
    通年募集:2・4・6・8・10・12月末日締切
  • https://weare.lush.com/jp/lush-life/our-giving/charity-pot/
    (ラッシュジャパン合同会社)

  • 大竹財団助成事業
    期間:通年
    分野:環境保全、人権・平和、NPO支援
  • https://ohdake-foundation.org/%e5%a4%a7%e7%ab%b9%e8%b2%a1%e5%9b%a3%e5%8a%a9%e6%88%90%e9%87%91/
    (一般財団法人 大竹財団)

  • つながろう、心で広げよう、笑顔の助け合い!
  • 「地域助け合い基金」でコロナ禍を乗り越えて共生社会へ
    期間:常時実施。寄付は時期を問わず、配分は随時行います。
  • https://www.sawayakazaidan.or.jp/covid19-donate/
    (公益財団法人 さわやか福祉財団)

  • 地域文化活動事業助成
    期間:随時
    分野:学術、文化、芸術またはスポーツ
    http://o-bunka.t-zaidan.jp/furtherance/index.html
    (一般財団法人 冲永文化振興財団)

  • 共感助成
    期間:随時
  • https://shinrai.or.jp/subsidy-what/index.html
    (公益財団法人 信頼資本財団)

  • 障害者市民防災活動助成
    特定非営利活動法人【ゆめ風基金】(以下ゆめ風基金と略す) では、大規模な自然災害が起きたときに、少しでも障害者市民が受ける被害を小さくするため、各地で取り組まれる障害者市民防災・減災活動に助成を行います。
    期間:申請受付期間は特に設けていません。事業を計画したときに申請をしてください。
    ※ただし、事業実施前 3 ヶ月以前に申請をお願いします。
    ※ 単年度 (1 月〜 12 月)で助成額が 100 万円に達した場合は、その年度の助成申請を締め切ります。助成申請をされる方は、事前に事務局へ確認をお願いします
  • https://yumekazek.com/fund/fund.html
    (NPO法人ゆめ風基金)

  • 海外の事業"海外における人道活動や人材育成事業"
    一つの地球に生きる、一つの家族として。人の痛みや苦しみを誰もが共にし、「みんなが、みんなを支える社会」を日本財団はめざします。
    随時募集
  • https://www.nippon-foundation.or.jp/grant_application/programs/overseas
  • (公益財団法人日本財団)

  • 患者・家族会設立助成金
    1 型糖尿病患者又はその家族を身近な地域で “救う” ために新たに設立する患者・家族会に対し助成金を交付します。
    注) 患者・家族会とは:患者だけで構成する会、患者と家族で構成する会、家族だけで構成する会
    期間:随時
    https://japan-iddm.net/life-info/make-a-friend/subsidy-for-patient-and-family/
    (NPO法人 日本IDDMネットワーク)

  • 非営利団体向けIT製品・サービスの寄贈
    期間:随時
  • https://www.techsoupjapan.org/
    (認定NPO法人 日本NPOセンター/TechSoup)

  • クラウドファンディング活用型まちづくりファンド募集
    クラウドファンディング等を通じて広く個人等の賛同を頂ける魅力的な「住民等によるまちづくり事業」を支援します。
    期間:随時
  • http://www.minto.or.jp/products/fund.html
    (一般財団法人民間都市開発推進機構)

  • 原田積善会助成金
  • 原田積善会は、社会事業分野、学芸・科学分野等、多岐にわたり助成による支援を行っています。現在は子どもや若者を対象に、格差拡大による子どもの貧困や虐待対策、難病に苦しむ子どもと家族など次代を担う若者への支援を目的とした活動への助成に重点を置いています。
  • 助成金の使途が一般運営資金というよりも、応募者の行う社会事業にとって必要不可欠と認められる具体的な物品購入とか特定のプロジェクト資金といったほうが望ましい
    期間:随時
  • https://www.haradasekizenkai.or.jp/grant/app.html
    (公益財団法人原田積善会)

  • 新型コロナウイルス対応支援助成
  • 新型コロナウイルス感染拡大の影響により、新たな生活上の困難を抱える人々が増え、行政が対応困難な社会的課題が増えている一方で、こうした社会的課題解決に取り組む団体においては対面サービスやボランティアの確保、財源確保が困難になるなどの課題に直面しています。このような対応困難な社会的課題の解決に向けた民間公益活動の停滞は、その対象者の生活や困難な状況に直面している地域社会のみならず、民間公益活動を担う団体の事業継続に大きな影響を与えています。
    期間:随時
  • https://www.janpia.or.jp/koubo/2022/corona.html#koubo_tab1
    (一般財団法人日本民間公益活動連携機構)

  • 日本メイスン財団助成事業
    日本メイスン財団は、フリーメイスンの精神のもと、各種の慈善救済事業を行い、同様の目的を持つ団体の事業を助成し、また天災、戦争等の被災者・被害者および孤児寡婦を救済することを目的としています。財団が行うこうした支援は、日本国内はもとより、世界各地の社会福祉・救援活動にまで広がっています。
    期間:随時
  • http://www.masonicfoundation.or.jp/guidance.html
    (一般財団法人日本メイスン財団)

  • ソーシャルビジネス支援資金
    「ソーシャルビジネス支援資金(企業活力強化貸付)」のご融資を通じて、社会的課題の解決を目的とする事業を営むみなさまのお手伝いをさせていただいております。
    期間:随時
  • https://www.jfc.go.jp/n/finance/search/socialbusiness.html
    (日本政策金融公庫)


 

 

▲一番上へ戻る